どうしてスティールヘッドにバンブーを使いたくなったのでしょうか。反抗や抵抗で使い始めたつもりはないのです。“なにか”を探して、そしてバンブーロッドに“なにか”があると感じて、探求がはじまりました。

思惟を紡いで試行を重ねました。バンブーロッドでだってスティールヘッドを狙っていい。でも、それは事実だけれど、バンブーロッドを使う理由にはならない。。。

何もかも得ようとすればするほど、探している“なにか”は遠のいてい行く気がしました。大空にあって鳥の自由は空気の抵抗あってこそ。バンブーロッドの釣りを律することで開放されてきたことを書いてみます。

具体的にならないのであれば放って置く。機会を得たら深く考えてみる。3年想い、考えて、現場にあたって、探求はようやくマルチアングルを得るに至ってきました。バンブーロッドでフライフィッシングをする理由が見えてきた気がします。


気分と言うのがあると思います。バンブーロッドのそれはドライラインの気分だし、水面に出てくる感動的な場面には工業製品でないものであってほしい、そう思ってしまいます。

スティールヘッドを釣ろうとするとき、バンブーロッドを片手にしていたっていいのでは。スキーナカントリーでバンブーロッドを使うアイデアをいくつか書いてみます。

スティールヘッド用の竹竿を考えると、ここに行き着きました。スティールヘッドにはスティールヘッドを良く知る人物による竿で。

バンブーロッドが生きるフライがあるとおもいます。バンブーロッドを通して見えてきたスティールヘッドフライについて。