Sweetgrass Rod II

どうしても自分が持っているものを贔屓にしがち、賞賛しがちになるとは思うのです。スティールヘッドの風景の中に連れて歩くことがストーリーを大袈裟にしてしまうのかもしれません。そうわかっていても、もう少し話したくなってしまいます。

 

フライフィッシングのライターで活躍されている東さんが「The History of Bamboo Fly Rod」で、フライロッドを「空気の世界と水の世界を繋ぐアンテナ」と表現されていましたが、フライロッド/釣竿についてこれ以上の的確な表現はないと思うのです。釣り人は時に釣りのメインツールであるこのアンテナを貪り探します。自分はそのアンテナに強力な電波発生や鋭敏な受信機能を求めることはなくなり、素敵な田舎の風景やフライフィッシングがある自然の中で竹竿に行き着きました。対象がスティールヘッドであろうと、それでなければという感じです。どんなに有利とわかっていてもスペイロッドにはちょっと違う何かを感じはじめてしまったので、仮にベストのバックポケットからプラスティック製のペットボトルが出てきても、徹底ぶりに甘さがあるのは承知しているのですが、手に握って受信せんがためのアンテナはナチュラルマテリアル、竹製が安心です。使えば使うほど、当初思っていた「大きな魚が竹竿でうまくファイトして取りこめるのか」という不安も霞んできて、今はほとんどなくなりました。それはこの竿、Sweetgrassの8’#8のおかげかもしれません。

 

この竿は癖がない、自分にとって相性がいい、使ったその日から友達になれる使い心地、と言えるかもしれません。スティールヘッドを始めて15年間に考えたことをお願いして、それを形にしてくれたビルダーがいたのは幸運でした。以下どれもが趣味の時間をふんだんに使って考えた末にお願いしたことなのです。

 

*#8クラスではかなり短めであること

*グリップがフルウェルズシェイプで、丁度いい好みの太さであること

*ホロービルドであること

*六角

*2ピース

*ガイドが現代のライン向けで径が大きめ

*5インチファイティングバットとHardy Zenithのセットでバランスがグリップ上端にあること

*仕上げが丁寧であること(でも馬鹿丁寧ではない)

*明るめの竹肌

*派手ではないデザインパッケージ

*マスタークラフツマンが率いる製作工房で作られた

*ヨーダクラスのビルダーが背後にいる

*スティールヘッドを知る人物がデザインしている

 

どれもが「ああ」「なるほど」「だから」と関連しあって、この竿の空気を作っています。

ですが、それだから納得して使えて楽しいとなっただけでなく、対流の納得感もあります。つまり実際に使ってみて、手の中にある竿を見て「これはこれは」「どうしてこう感じるのか」と考え始めると、浮かんでくるのが上に列記したことにもなるのです。

この竿を握って川岸を連れて歩いているとき、それはちょっとした温かみのある時間です。異界と交信するアンテナを手の中に転がしつつ、端正な魚が泳ぐ流れを歩きます。このアンテナの素材は電気を通すようなものだったり放つようなものではなく、オーガニックなものなので、感度は鈍いかもしれないけれど感性は豊かで、一度つながればより深くなりうるものです。

竹竿と言ってもジュエリーを取り扱うような感じである必要はなく、この竿はあくまで野外の遊び道具であり続けます。狙う相手は簡単には姿を現さないですから、このアンテナが立つことは稀ですが、掛かったらすぐに竿で魚を寄せるようなことはせず、適度なバウンドを竿に持たせて魚の挙動を吸収させます。そうすれば魚は次第におとなしくなってくることが多いのです。それが5分後の時もあれば20分後の時もあるというだけです。そうなってからであれば、竿の調子を訊きながら寄せる力を使うことができます。スティールヘッド相手であればスペイロッドでだって十分スリルに満ちていますが、この短い竹の竿で過ごす十数分、数十分のダイレクト感はなかなかのものです。そして、もし幸運にも魚を水辺に横たえて、そこに竹の竿を並べることができたら、その時はスペイロッドとちょっと違う空気が、辺りを取り囲むのです。