蔵書にぜひ

実際に釣りに行けないとしても、見事なカラープレートがそろった本のページを繰るのは本当に楽しいものです。そしてその内容がたくさんのアイデアにあふれていればなおさらでしょう。

以下の書籍はほとんどが英文ですが、フライフィッシャーなら理解に苦しむことも少ないだろうし、進んで辞書を手にしたくなる内容です。たとえ一生、スティール&サーモンに挑戦できないとしても、心の旅は充実する。いや、結局、心だけでは済まされない?


Advanced Fly Fishing

For Steelhead

アラスカのショップで「これほどスティールヘッドの釣りのアイデアがまとまっている本はない、お勧めだ」といわれた本。エレガントなフィッシングスタイルだけでない、野生に挑むスティールヘッダー達の写真とそのアイデアが凝縮されている。スティールヘッドフィッシングのHow toが包括的に掲載されており、多少この釣りを重ねた人には新しいアイデアを。もちろん初心者にも参考になる。買って損はない1冊。まずはこれか?

Fishing Atlantic Salmon

 

キスピオクスのほとりで友人に見せられたときは単なるきれいなフライ辞典のように思ったが、サーモンフライの歴史から生まれた多くのメソッドが濃密に収められている最高の一冊。辞典といったからには掲載フライの種類は群を抜いており、ページ数で約400。私のお気に入りグリーンハイランダーだけでも10以上のバリエーションを紹介。著名スティールヘッダーが巻いたフライ多数。ほぼオールカラー。サーモンフィッシャー必読。

Steelhead Fly Fishing 

  

スティールヘッドとくれば必ず登場する本。テクニカルな部分より、川やスティールヘッドに狂ったアングラーたちのエピソードが大部分を占める。私が購入したのは、ハリーレミアとキスピオクスのパートが読みたかったから。しかし、暇に任せて周辺を読み進めるうちに、雄大なスティールヘッドカントリーについて見事に描かれている様子が伝わってきた。エピソード多数。カラーページはフライのところで10ページくらい。ほとんどがモノクロ。写真多数。約500ページは読み応え十分。

A Steelheader's Way

 

第一人者の一人によるメモリアルな一冊。釣人として晩年を迎えている著者がスティールヘッドを釣るという夢の世界に生きてきた物語を語るような感じかと思っていたが、実はこれまでの経験とそこで得たアイデアを惜しみなくシェアしていて、どんどん引き込まれていった。非常に現実的、実際的な釣師である著者が培ってきた技術やアイデア、そして「それは違うよ」というような警鐘が随所にあり、うなずきたくなる。ある程度経験を積んでいるスティールヘッダーに特に参考になるはずである。この本は違う。ベスト3に入るかもしれない。ハイレベルな写真多数、オールカラー、220ページ。



The Art & Science

of Speyfishing.   

マイク・マクスウェルはバークレーリバーのほとりでガイドをしていたロングタイムスティールヘッダー。長年のスペイフィッシング経験は伊達ではない。キャスティングスタイルについては合う合わないがあるだろう。しかし、スペイフィッシングの理論は非常に参考になる。日本ではついつい両手投げの竿=ロングキャストの道具、という位置づけになりがちだが、この本ではスペイフィッシング本来の優位と楽しみを理論的に説明している。キャスティングパートが3/5、タックルについて1/5、スペイフィッシングについて1/5の内容。すべてモノクロ。写真も多数あるが、イラストで解説されているところのほうが興味深い内容になっている。

A Passion for Steelhead

  

北米西海岸スティールヘッドガイドでハリーレミアやマイクキニーなどに続くスペイフィッシングの第2世代である著者はキャスティングの名手、そしてクラッシクスタイルのスティールヘッドフライのクリエータで、ライターとしても活躍してきている。内容に若干くどい感じがあるのは、すでに私がいろいろと読んで知ってきているせいもあるのかもしれない。自身のスティールヘッド半生記と共に実際に見てきたスティールヘッドのフライに対する振る舞いや、自身が用いてきたテクニックを公開。道具に関する記述はすでに古いが、キャスティングやプレゼンテーションに関するパートは面白い。オールカラー、320ページ。

Spey Flies & Dee Flies

  

スコットランド発のフライの歴史とパターンを米国の著名スティールヘッダーがまとめた。パターンブックとしてもとても楽しめる内容で、各フライのクウォリティも十分。歴史を語る中でレディキャロラインの肖像までついに出た。著者はショップ店員、ガイドの経歴もあり、相当の実践派スティールヘッダーということもあって、随所に説得力のあるコメントがある。釣りに関してはアトランティックサーモンには焦点がなく、すべてスティールヘッドを通して語られているといっていい。全160ページ、オールカラー。

Spey Flies

How to Tie Them    

フライタイイングの世界では著名な存在のBob Veverkaがついにサーモンフライで単独出版となると買わないわけにはいかなかった。内容は釣りの世界を盛り込んでいるSpey Flies & Dee Flies by John Sheweyと違ってタイイングの世界によりフォーカスしている。もちろん掲載のフライは全て見事。歴史的なフライも数多く、また確かな技術で巻かれたフライは魅力十分。タイイングの要点、各マテリアルの特徴と扱いなど詳しいインストラクション。ドレッサーにとって、スティールヘッダーにとって非常に価値のある1冊。カラーページ多数、全160ページ。



Tying the Classic

Salmon Fly

クラッシックサーモンフライを創る世界的第一人者による初の単独出版。日本国内で主流になっているクラッシックとは一味違う独創的なスタイルや仕上げの見事さは一見の価値あり。その他著名タイヤーによる各スタイルのタイイングのポイントが連続写真で細かく解説されている。どちらかというときれいに仕上げるほうに重点がおかれており、実用レベルというより、ミュージアムクオリティーをいかに出すかのテクニックがメイン。全226ページ、オールカラーは豪華。

The Art of the Atlantic Salmon Fly

いけない。購入したのはいいけれど、なかなか読む気になれない。興味を促す項もなく、ちょっと読んだところですぐに閉じたくなる。カラープレートもたいした内容ではない。ベイツの作品ではあまりにもFishing Atlantic Salmonがよすぎるのだ。正直な感想です。全232ページ。カラープレートは約25ページ。

Atlantic Salmon

Flies & Fishing

上段にもあるベイツによるアトランティックサーモンの本。こちらのほうが初期になる。カラープレートは少なく、あとは釣りの基本となる情報と白黒写真。内容はジェネラルなテクニックをうまくまとめたもので、特にイギリスのフェザーウィングのフライからヘアウィングへの変遷、魚をどう誘うかというところが面白く、やっぱりフライについての話しは興味深い。全383ページ。

Steelhead

Fly Tying Guide

雑誌“Wild Steelhead & Salmon”でおなじみのDec HoganやセージのGeorge Cook、Steve Gobin、Mike Kinneyのフライなど、多数紹介。クラッシックなアトランティックパターンとは一味違ったスティールヘッド用のフライとして考案・発達したフライをカラーで掲載。各フライを使用する状況がデザイナーによってコメントされており、未経験の人には夢を、実際に釣りを経験した人には更なるアイデアを提供する。



Fly Fishing

   

イギリス文学の一作品。タイトルからして一般に広く読まれたとはいいがたい感じだが、釣魚大全に並び賞賛されている名著。ドライフライ、ウェットフライ、シートラウト、サーモン、道具などそれぞれについてパートを持っている。昔開高さんは月刊図書の中で自身が薦める本の書評で他の作家とはまったく違ったコメントをしていて印象に残っている。それと同じコメントをこの出色の作品について差し出すべきかと思う。「読めばわかります。」見つけたら買ったほうがいい。釣り人生の後半戦へ、示唆にとんだ内容です。

Fly Fisher's Life

by Charles Ritz

一度は読まねばと想い、何時か蔵書にと考えていた。かなり期待するところがあって読み始めたけれど、ちょっと気を削がれた。リッツは釣り人であって文筆家ではないと言うのが率直な感想。ところどころに、おや、とか、ふむ、というのがあるけれど一気貫通という作品ではなく、かなりランダムな著述で、書き溜めたものを1冊の本にした感じになっている。キャスティングの理論はすでに知られたものだが、ここでもう一度本人の口から聴くというのは価値がある。グレイリングの釣りに傾注しているところがあり、これは興味深い。

Steelhead River Journal Skeena

スティールヘッド、スキーナとくるとどうしても手が伸びた。著者は地元では知られた人。私が良く行くヘーゼルトン近辺というよりはテラス辺りを本拠地に釣りをしており、そちらの内容が多い。実際の釣り場は知られないような微妙な配慮もあり、それはいいことだと思う。著者がバンクーバーから教師として赴任した時のことから地元の釣り人の様子、スタイルなどが書かれている。フライはシンプルで、ある意味粗野、特にかっこよくもなく、特に釣れそうにも見えない。あえて買う必要も感じないかな・・・。

River journal

Kispiox River

キスピオクスはフライでのスティールへッドのワールドレコードをいまだに保持しており、古くから多くのスティールヘッダーに愛されてきた名川、私のお気に入りの川である。著者はなぜこの川が巨大なスティールヘッドを生み出すのかを生態調査とエピソードを交えて語っている。特に逃げられた魚が本当に大きかったストーリーなど、満員電車の中で感じたくもない人肌やかぎたくもないにおいに取り囲まれていても、読むのがとまらないほど。これは夢か。それとも実際か。行って釣りをし、掛けてみればわかるはず。私はキスピオクスでの釣りをやめられない。47ページ、オールカラー。



Steelhead

& The Floating Line

Trey CombsSteelhead Fly Fishingにも登場するボブ・アーノルドの作品。作者はロングタイムスティールヘッダーで、その釣りの特徴を日記をつづるような形で話しあげている。スティールヘッドをフローティングラインでアプローチするエッセイである。いくらシンクティップが効率的といえ、できればフローティングラインでテクニカルにラインを操作し、全層全状況で釣りができることほど快適なことはないということはフライの釣り人なら誰しも気が付くところ。ごつい竿にごついラインで川底をさらうのもいいのだけれど、誘う気心一本でフローティングラインで行くのが行き着くところとも思う。なかなかに面白い。約180ページでカラーは18ページほど。

Mist on the River


どちらかというとスティールヘッドの経験は豊富ではなさそうな著者だが、そこがかえって目線が高くならずにスキーナカントリーを表現できているのだと思う。物語というよりはエッセイであり、簡易なルポとも言えそう。特に気張らずに、第2、第3の読み物として楽しめる。ところどことになじみの地名やよく耳にする釣り人が散らばっていて、一気に読み進むことになった。写真等の掲載はなく、全て文章のみ。スキーナを旅しようと考えている釣り人は、慌てず騒がず、時に地元の人と対話しつつの著者のような旅のスタイルは一つ参考になるかもしれない。

Steelhead Paradise


作家は米国人。ハンティング、フィッシングを趣味にアトランティックサーモン、ボーンフィッシュもこなし、1950-65辺りにスキーナのスティールヘッドを数回にわたって釣りをし、その釣行紀をパーソナルな視点で語っている。クラッシックブックといいたい雰囲気が漂うが、この当時から現在と同じく手厚い保全やその警鐘が始まっていたのかと驚かされる一方で、釣れ具合や林道の様子など、1960頃と”今”がダブるあたり、スティールはやはり容易な釣りではなく、またスキーナの自然の深さも再認識。レトロな景色の写真数カット。スキーナカントリーのアウトドアスポーツの様子を文章で楽しむ本。

Steelhead Flyfishing

in Low Water

ローウォータの釣りに苦しんだ後に購入した本。釣り方はそれほど詳しくなく、むしろその状況でどういうフライを使い、フライのタイイングテクニックはどんなものかという内容。ローウォータスタイルで巻かれ、なおかつフラットにセットされている独特のスタイル、そこに行き着いた著者のフライはかなりの経験によってもたらされたものと思われる。カラーページなし。白黒写真とイラストあり。127ページと薄型の本で、どちらかというと私家版の様相。でもムムッとくる内容もアリです。



Wild Steelhead & Atlantic Salmon


野生のスティールヘッドとアトランティックサーモンのみにフォーカスした特異な雑誌。まさにコアな釣り人によるコアな釣り人のための内容で占められており、積極的に環境や生態の学術レポートも掲載。全編クウォリティの高い写真が掲載されたこと、一編入魂ともいえる記事がこの雑誌が高評価であった理由である。乱発で毎年似たような内容で構成される雑誌とは一線を画し、スティールヘッドとサーモンを取り上げる限り慌てて仕上げる即席で軽薄な内容とは決別して、編集者が吟味を繰り返して納得に到達したときに発刊されてきた。その時点で尽きたのであれば無駄に発行しないと言う潔さも感じられ、季刊であったのにもかかわらず、短命に終わった。ラージフォーマットで通常良く見かける雑誌のサイズより1.5倍大きく、かなり贅沢な作り。特にお気に入りの記事は「スティールヘッド・ボブ」についてのレポート。生きる伝説になりつつあるボブ・ヨークのアウトドアでの生き様、スティールヘッドを釣ることに対する狂熱度合いがひしひしと伝わってきて、私なぞの釣りがいかに児戯に類することか。すでに廃刊になっていて現在入手できる可能性はバックナンバーとしてのみ。Fish & Flyが現在の名前。是非にと言う方は問い合わせしてみるといいかも。全7刊。


Art of Angling Journal


タイトル通り、写真や絵にこだわりを持った見事な雑誌。下手な本よりよほど楽しめる。サーモン、スティールヘッドだけではないけれど、アートなフライとなるとサーモンフライははずせない項目としてほとんど必ず登場してくる。クラシックばかりでなく、コンテンポラリーなデザインのフライも多数掲載。現代のフライのアートを常に発信しようとの心意気が感じられる。フライに関する内容が多いが、もちろん道具に関してもアートなものであれば常に取り上げているようで、ボグダンの特集があったり、新進気鋭のバンブーロッドビルダーの特集もある。サーモン、スティールヘッド、トラウトに関するリバージャーナルも盛り込まれており、読み応え十分。ページを開くたびに蔵書である喜びも感じられる内容です。季刊誌。